<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

マンスリー手塚夏子in門天   

f0134695_21272338.jpg

今月から始まった手塚夏子さんシリーズ企画です。
月に1回、ダンサー/手塚夏子さんが門仲天井ホールに滞在して、様々な実験・稽古・ワークショップなどを行うこの企画。
朝から夜までの濃いプログラム。

第一回目の今日は、手塚さんと新たな実験を計画中のダンサー、音楽家さんたちが集まって、交流、実験を行ったり、
お昼には、手塚さんが門前仲町1丁目を歩き、近所の方との交流。
新しい創造のための種をまいた濃い1日でした。
(写真は、アーティスト交流中の1枚。)
[PR]

by monnakaten | 2008-04-30 21:32 | ダンス

くりくら音楽会4其の二   

f0134695_2253577.jpg


一組目は、くりくら主催者の黒田京子さん(ピアノ)+村田厚生さん(トロンボーン)。
f0134695_229278.jpgf0134695_2295295.jpg

現代音楽からジャズから即興まで。
幅広い、ユーモラスな音楽。

f0134695_2262275.jpg


2組目は、佐藤允彦さん(ピアノとPC)+加藤真一さん(ベース)。
f0134695_22122265.jpgf0134695_22123627.jpg

はじめからおわりまで、高いテンションを維持。
パワーあふれる音楽。

最後に、ペアをかえて演奏。
f0134695_22155331.jpgf0134695_22161044.jpg

また新しい味わいが楽しめました。
[PR]

by monnakaten | 2008-04-24 22:21 | 音楽

silent Air   

f0134695_2023251.jpg

ねこみみさんによるダンス。舞踊というのでしょうか。
ピンと張りつめた空気。
しなやかな身体の動き。
[PR]

by monnakaten | 2008-04-18 22:00 | ダンス

ミュージック ドキュメント08 #1独奏者たち   

f0134695_14293619.jpg

ピアニスト・井上郷子さんによる「ミュージック・ドキュメント」シリーズがいよいよ始まりました。

第一回目は、「独奏者たち」と題して、井上郷子さん(ピアノ)と本間みち代さん(チェンバロ)のソロとデュオ演奏が行われました。
チェンバロの委嘱初演作品もありました。
f0134695_1435287.jpg

ピアノとチェンバロのデュオ曲という、珍しい楽器の組み合わせによるデュオの妙。
f0134695_14353057.jpg


これからもミュージック・ドキュメントシリーズは続きます。
次回は、7月12日(土)です。
次は、2000年以降に作曲された作品がバリバリ演奏されます。
お楽しみに!
f0134695_14561896.jpg

[PR]

by monnakaten | 2008-04-12 14:26 | 音楽

COLLOL リーディングシリーズ「recall:2」   

f0134695_19513613.jpg

今日明日に渡って上演されるCOLLOLリーディングシリーズ recall:2.
「メディア」と「虹の彼方に」の2作品が上演されます。
明日もありますので、ぜひぜひいらしてください!
[PR]

by monnakaten | 2008-04-04 19:54 | その他

ザウクロチャット1   

このコーナーでは、もんてんママのクロともんてんにっきを書いているザウルスによ
る、もんてんのことやアートのこと、その他いろいろなことについてのおしゃべりを
ちょっとずつ公開していきます。

—3月のある日のおしゃべり—

●クロさんは、コラボレーションが好き?
ザ;クロさんは、人から“コミュニティ好き”って言われることがあるじゃないですか?
それは、ワークショップみたいにいろんな人と一緒に作っていく作品とかそういうこ
とをしているアーティストが好きってことですか?
ク;そうだね。一人ではできないこと、人との関わりの中でしか生まれない
ようなこと、そういうことの楽しさ、面白さ、人と関わることの楽しさ、煩わしさも
含めて、自分だけでは生み出せないものが好きなんだよね。
ザ;なんでそういうことに惹かれ始めたんですか?
ク;うーん、もんてんの運営を一人でやっていたころ窒息状態になってしまって、これじゃ自分がつぶれちゃうかなと思って、活路を見いだしたかったちょうどそのころに、「小空間ネット」を作ろうと提唱した人がいて、出所進退の違う小屋のいろんな人が集まって、ネットワークできないかって。小さい小屋っていうのは、どこも人・物・金、つまりスタッフ・設備・資金がない。でも、ネットワークを作ることで、備品をお互いに貸し出せるようになったらいいよね、とか、アーティストを海外から呼ぶとかいうことになったら、みんなで負担しあてそれをやるということもあるよね、とかそういう話をしたのね。
ネットワークという言葉に、これまで一人ではやれなかったことに、広がりや可能性がいっぱい見えてきちゃった。ここから、自分の心が開けていったのかな。だから、今でも一人で煮詰まっちゃったり、まずいなって思ったときは、今までの経験から、人と関わることから道が開けるんじゃないかな、と思ってるのね。

●継続することの難しさ
ク;でも、物事って永遠じゃないんだよね。人との関わりができたとしても、そのネットワークが新たなことを生み出していかない限り、つまり新しい自分たちと出会っていかない限り、それも続いていかない。ものごとって継続しなければ積み重なっていけないと思うんだけれども、同じ状態のままでは継続できないんだよね。継続することの難しさがある。継続するためには、継続するための破壊っていうか、崩壊っていうか、壊してはまた作り、壊してはまた作り、、、っていう運動が必要かなって。
ザ;壊すんですか?
ク;壊すっていうか、変容していくのかもしれない。そのままではだめなんだよ。
ザ;わかります。私も、ワークショップを通して作品を作っていくっていう長期的なプ
ロジェクトの中で、それを感じました。プロジェクトの最初で何かが生まれたときは、
“これはなんか面白い!ワクワク!”っていう感じでいたんですけど、それが毎回当たり
前にできてしまうようになると、面白くなくなってきちゃうんですよ。
ク;そう、そう。
ク;それはアーティストやプロジェクトだけじゃなくて、普段の生活する中でもそうだと思うし、運営のありようでもそうだし、生きていくってことそのものがそういうことなんじゃないかなって思うこともあったりして。同じでいるっていうことじゃだめなのかな〜。
[PR]

by monnakaten | 2008-04-04 18:23 | ザウクロチャット