ザウクロチャット4   

●”もんてん”19歳の誕生日にむけて〜文弥師匠から教えてもらったこと〜

ザ:”もんてん”は今年の10月7日で開館19周年なんですね。19年”もんてん”をやってきて、一番楽しかったことって何ですか?
ク:文弥師匠と出会ったことかな。
ザ:どんなことが楽しかったですか?
ク:まず、100歳の人に出会ったわけです。あの頃、ちょうどきんさんぎんさんが出て
たときなんだけど。100歳の現役芸人さんと出会ったってこと自体がすごいでしょ。そ
れから、文弥師匠はすごく楽しいんです。「なんとなく明日が楽しい」って(人生を)
毎日を送ってるんだよ。
ザ:「なんとなく明日が楽しい」ってどういうことですか?
ク:そう文弥師匠は『あした、何か嬉しい約束がある—というようなことではなく、(中略)あたしにしてみれば、朝、顔を洗って、配達された牛乳をガスで湧かして、(中略)その熱いのをすすりながら—という、静かな、無心の十分。これが毎日続きます。この「あした」がたのしいのです(岡本文弥著『百歳現役 なんとなくあしたがたのしい』海竜社)』って。文弥師匠をみていると、普通の生活が幸せと思える人は本当に幸せだと思えたのよね。でも、それってなかなかできないのよ。欲のせいなのかな。普通の生活に対する幸せって、100歳になったから思えたことなのかしら・・・とても興味を持ちましたね。
それから、文弥師匠の“あなたのために語りますよ”“あなたのために弾きますよ”っていう感じに惹かれましたね。みんなのために演奏してるんだけど、一人一人に対して
あなたのためだけに演じているんですよ、という感じ。丁寧だってことなのかな?
文弥師匠と出会って、一芸に秀でるって、こつこつとか、丁寧にやることじゃないか
な、って思いましたね。よく言うでしょ、「天才とは1%の才能と99%の努力」って。文弥師匠と接していると、目新しいことをするんじゃなく、毎日の生活をこつこつ積み重ねていらしたことで、唯一無二にたどり着くっていうことが、改めて府に落ちたかな。
ザ:”もんてん”って唯一無二ですよね。クロさんがこつこつ積み上げてきたことが唯一無二になってきたのかなって思うんです。
ク:ありがとう。きっと、文弥師匠の言われているように、「この道をこつこつ歩く」、特別なことじゃなくて、今やってることをこつこつやるっていうことで、そこでしかありえないものが生まれていくってことなのかな。
このことを文弥師匠に教えてもらった気がしますね。”もんてん”で出会った人たちと
一緒にこつこつやってきたこと、それが今の”もんてん”につながっているのかな、と
思うんですよ。

--9月のある日のおしゃべりより
[PR]

by monnakaten | 2008-09-27 15:03 | ザウクロチャット

<< 凶暴なるケージ サカタ式 >>